国産バネ工業株式会社

ホーム > 国産バネ80年のあゆみ > 1969-1978

国産バネ80年のあゆみ

1969

昭和44年

■当時国内では、紡績産業が盛んであり、機械にはバネを含む金属製品が数多く使われており、近畿北部、北陸地区の機械メーカーとの営業拠点として大津出張所を開設。

1970

昭和45年

■資本金2,400万円、授権9,600万円に増資。

 

1972

昭和47年

■大阪市淀川区三津屋中3丁目1番1号、現在地に本社工場ビル建設移転し操業。 「新社屋披露パーティー」にはお得意様始め関係各位殿多数の御来席で盛大に取り行われました。
新社屋披露

■AV機器、家電産業が国内、輸出も好調で当社も大手電機メーカーよりラジオ、テレコ、ラジカセ等のバネ及び機構部品を多量に受注を受け、本社2階にバネ製造設備増設含み27台の生産機で昼夜を問わずフル稼動生産しておりました。
当時の機器は殆んどメカ機構で、1台当り約40点程度の各種バネが使用されておりました。

1973

昭和48年

■滋賀県草津市野路町字小野山2143番地に草津工場建設し、大津出張所を統合。 村田機械株式会社様始め滋賀県北陸地区の顧客取引窓口とし、ニーズを先取りサービスを提供。

1974

昭和49年

■農作物、海産物等の物量が増えると共に、樹脂成形コンテナーの需要が伸び線材加工品の持手の生産が追いつかず、米国NILSON社製大型フォースライドマシンとマルチベンダー2基を増設し、顧客対応が可能となった。
フォースライドマシン

1975

昭和50年

■以前は車輌機器、農機具、家電、事務機器等の製品が中心でありましたが、ここで初めて自動車部品(車載品)に取組みました。
当時シートベルト装着車は少なく装着法令もありませんが、シートベルトメーカーへ拡販時にピラースリップアンカー(ベルトを支える金具)及びリトラクターベース(ベルトの繰出し、巻込み装置)に使用するバネ材の加工、高張力鋼板のプレス加工品の依頼を受け顧客設計開発の方々と度び重なる技術検討の結果、約半年後に量産可能となりました。
シートベルト用金具

1977

昭和52年

■電子レンジマグネトロンチョークコイルの生産にあたり、大手電子機器メーカー殿と製法の共同開発を約1年半の期間を要し、製品化を実現する。
剥離機・剥離機とコイルマシン連結

当時の取組み(技術開発と製品について)

電子レンジマグネトロンチョークコイルはエナメル銅線の両端をコンデンサーにプラズマ溶接するため、部分的に剥離する必要があります。当時の状況はコイル成形後に薬品を使い部分的に表面エナメルを剥離していましたが、家電製品の増産体制に追随できなく又、コスト面においても問題がありました。 そこで機械的に部分剥離できないかと考え試作機の繰返しで1年半を経て完成に至り、完成した剥離機とコイルマシンを連結させる事により製品の完全自動化を実現しました。